【コカコーラvsペプシ】両社のサッカーを使ったキャンペーンが面白い


 

いよいよワールドカップが近づいてきました。

明日は日本国内で最後のテストマッチであるキプロス戦が開催され、

その後サムライブルーの面々はキャンプ地であるアメリカへと旅立ちます。

報道によると、かなり追い込んだ練習をしているようなので、明日は”あえて”難しい試合になりそうですが、

とにもかくにも楽しみな戦いが始まります。

 

ワールドカップムードが漂うのはピッチの中だけではなく、

オフザピッチ、つまり日常生活の中でも徐々にサッカー色が強まってきました。

このタイミングを狙い各社様々なキャンペーンを仕掛けていましたが、

今日は競合する二社、コカコーラとペプシが展開するユニークなサッカーキャンペーンをご紹介したいと思います。

 

coca_pepsi

 

まず整理しておくべきことは、

この時期にサッカーキャンペーンを仕掛ける上での両社が置かれた状況の違いです。

 

このブログを熱心にご覧頂いている方はお察しかもしれませんが、

コカコーラ社は「FIFA Partners」というFIFAのスポンサーランク最高位に位置する公式のパートナーです。

一方のペプシコ社は、コカコーラ社の存在もあり、FIFAとのスポンサー関係にありません。

このような背景から、コカコーラが「FIFA Partners」としての権利をアクティベート出来るのに対して、ペプシコ社はワールドカップ(FIFA)絡みのキャンペーンを張る事が出来ません。

(※ちなみに「FIFA Partners」はコカコーラ社の他に、「アディダス」「現代自動車」「エミレーツ航空」「ソニー」「VISA」の合計6社がラインナップしています)

 

このような状況ではありますが、

ペプシ側も指をくわえて黙っているわけではありません。

権利に抵触しないように細心の注意をしながら様々なキャンペーンを展開しているのですが、

とくにユニークだと思ったのがこちらのキャンペーン「#futbolnow Skill Challenge」

まずはこちらの動画をご覧下さい。

 

 

動画をご覧いただくとイメージ出来るかと思いますが、

ペプシのインタラクティブ自動販売機を使って行われるこちらのキャンペーンは、

対象の自販機の前で、”スキルチャレンジ”の名の通りリフティングゲームにチャレンジし、クリアするとペプシコーラを特典としてタダで貰う事が出来るというものです。

「Kinect」を用いて開発されたこちらの自動販売機では、ユーザーは購入の有無に関わらずアバターを作成することが出来、30秒間のゲームを楽しむ事が可能となります。

“Exergaming”と呼ばれるゲームを使って身体を動かすという文脈でも読み取る事の出来るこちらのキャンペーンは、世界で20台存在するインタラクティブ自販機にて体感することが出来るそうです。

リフティングを画面上で披露するモデルには「ファンペルシー、ダビドルイス、セルヒオラモス、アグエロ、ウィルシャー、メッシ」といった超豪華なペプシ契約選手が登場するそうです。

 

 

このような形でペプシが、テクノロジーを用いたユニークなキャンペーンを展開する中、

コカコーラはどのようなキャンペーンを行っているのでしょうか?

 

まずご紹介するのは、SNS上で一日一回は友人が「自分の名前見つけた!」と投稿している「ネームボトル」キャンペーン。

 

スクリーンショット 2014-05-26 19.21.28

 

他にも、ペプシには絶対に真似する事の出来ない「ワールドカップトロフィーツアー」を行ったり、

 

 

ハピネスフラッグと題した、世界中のファンから寄せられた写真が一つのビッグフラッグになるプロジェクトなどを展開しています。

 

スクリーンショット 2014-05-26 19.33.05

 

また海外での事例に目を向けると、イギリスでは、元祖”ワンダーボーイ”オーウェン出演する「#whatsyourgoal」キャンペーンもなかなかユニークなものとなっています。

 

 

インスタグラムでの動画投稿を軸に組み立てられているこちらのキャンペーンでは、

「何でもどこでも」ゴールに見立て、そのゴールにヒットするビデオを投稿するという、動画投稿を用いた今風の仕掛けです。

 

 

こちらのキャンペーンは5月31日まで開催され、全期間でのWEB投票数が最も多かった投稿をしたユーザーに「PS4」「42型テレビ」「£500のクーポン」が当たるほか、デイリーでもクーポンを貰えるチャンスがあるとのことでした。

ざっと動画を見た所、日によっては激戦とはいえない日もあるようなので、アイディアとテクニックに自信がある方は、インスタグラムより「#whatsyourgoal」のハッシュタグを付けて、投稿してみてはいかがでしょうか?

 

 

と、色々なキャンペーンをご紹介しましたが、

やはりワールドカップやオリンピックなどのメガイベントが近づくと、

スポーツを活用した企業のマーケティングキャンペーンが圧倒的に増えてきます。

公式スポンサーとして権利を用いて王道的なマーケティングを行う企業もあれば、

アンブッシュマーケティング と呼ばれる非公式なキャンペーンも無数に存在します。

 

今回ご紹介した二社の取り組みは、

両社が置かれている立ち位置に基づいて取り組んでいるキャンペーンで、

特にコカコーラの「トロフィーツアー」や「ハピネスフラッグ」などは分かりやすい事例でした。

 

ワールドカップでの戦いは、ピッチの中だけで起こっているわけではなく、

世界を巻き込んだ一大イベントはピッチ外の多くの企業にも影響を及ぼしています。

大会が始まるまで残された時間はもう少ないですが、

ピッチの外で起きる様々な戦い・取り組みにも目を向けてみてはいかがでしょうか?

 

 


The following two tabs change content below.
山内 一樹

山内 一樹

Sports UX Designer
⁂スポーツ×ミレニアルズ ⁂ Jリーグを中心にBリーグや侍ジャパンのミレニアルズマーケティング(特にSNS戦略・デジタル戦略)のお手伝いが主なお仕事。 ご相談などはお気軽に各SNSからどうぞ!