この1年で最も話題になったスポーツキャンペーンは?


 

今年も「BT Sport Industry Awards」が発表されました。

毎年様々なキャンペーンが表彰され勉強になりますが、

今年も粒ぞろいのキャンペーンが授賞していました。

 

ということで気になった企画をご紹介!

 

🏆 CAMPAIGN OF THE YEAR🏆

『We’re The Superhumans』(Channel 4 )

 

 

イギリスのテレビ局「Channel 4」が制作したパラリンピアンを特集したこちらの動画。

「We’re The Superhumans」と題したこのビデオでは、障害のあるミュージシャン、ダンサー、スポーツ選手など総勢100人以上が登場します

演奏しているのは、今回のキャンペーンのために結成されたジャズ楽団だそうで、圧巻の映像と音楽であっという間に3分が経ってしまう素敵なビデオは、約800万再生を記録しました。

 

🏆 SOCIAL MEDIA CAMPAIGN OF THE YEAR 🏆

『Pogba X Stormzy』(adidas Football)

 

続いては最も優れたソーシャルメディアキャンペーンとして表彰されたアディダス社によるキャンペーン。

 

昨夏マンチェスターユナイテッドに史上最高額の移籍金(約130億円)で加入したフランス代表MFポール・ポグバ。

移籍の噂が出てからサッカーファンの間では、様々な憶測が流れ期待が高まっていたのですが、

移籍前の所属クラブであるユベントス、移籍交渉中のクラブであるマンチェスター・ユナイテッド、そしてポグバ本人の3者とスポンサー契約を結んでいるアディダスは、移籍決定前からこんな動画を公開したりしていました。

 

 

その後公開されたのが、こちらの動画。

イギリス人ラッパー「Stormzy」とポグバのコラボ動画は250万再生を超え大きなバズを産みました。

 

 

 

 

SOCIAL MEDIA CAMPAIGN OF THE YEARのWINNERは上記のポグバを活用したアディダスによるキャンペーンでしたが、

他にも気になる取り組みがあったのでもう2つご紹介します。

 

 

『Junior Gunners App』(Arsenal FC)

 

アーセナルがリリースしたジュニア向けアプリ「Junior Gunners App

 

gun__1381489864_junior_gunners_logo

 

 

こちらのアプリでは自分のアバターを作成し、

ゲームをプレイしたりアプリをアクティブに利用することで、

経験値が貯まり様々なアイテムが手に入るというゲーミフィケーションの要素もあるアプリです。

 

 

IMG_6894

 

 

IMG_6895

3年前にバルセロナが推し進めていた「Barca2.0」でもクラブ担当者が触れていましたが、

若年層へのアプローチは重要事項であり、

ゲームを活用したアプリで、クラブへの感情を小さい頃から植え付けていくのは大事なことであり、新たなテクノロジーはそれを実現するツールとしても最適です。

 

参考:「バルセロナのスマートフォン戦略」( http://thesportsbusiness.jp/archives/421

 

 

 

BT Sportのキャンペーン『#GoalsRecreated』

 

 

 

 

 

最後に紹介するこちらのBT SPORTSの企画は、内容はいたってシンプルで、現役プレミアリーガーたちが過去の名ゴールを再現するという企画。

ご紹介した動画では、マフレズがスコールズの、デレ・アリがロナウドのスーパーゴールに挑戦しています。

 

過去にはJリーグでもキャプテン翼とコラボして、

キャプテン翼の有名シーンをJリーガーが再現するという企画もありましたが、

 

 

 

 

このような動画は懐かしさを感じるオールドファンにも有効であり、

プレーの凄さという観点における新規ファンへのリーチも期待できる良コンテンツです。

 

 

ということで、今回はBT Sport Industry Awardsから気になった4つの企画をピックアップしました。

この他にも気になる企画満載だったので、また取り上げてみたいと思います。

 

いますぐ他の事例を知りたい方は下記リンクからチェックしてみてください!

 

BT Sport Industry Awards

https://www.sportindustry.biz/events/awards/2017/winners

 


The following two tabs change content below.
山内 一樹
「ミレニアル世代の遊びの選択肢にスポーツを加える」ことを目指し、アクティビティとしてのスポーツの可能性を追求している。Jリーグ・Bリーグ・侍ジャパンといったコンテンツホルダーらとともに、主にSNSの活用を中心としたデジタルマーケティング施策の推進に従事するほか、渋谷区を起点に活動するサッカークラブ TOKYO CITY F.C. を立ち上げ、渋谷から新たなフットボール体験を産み出すための取り組みに挑戦中